Travel

バリ日記4日目(4/5)

ランチの後は、標高3142mの霊峰アグン山の麓に位置するバリ・ヒンズーの総本山・ブサキ寺院へ。ブサキ寺院、あの長~い階段と割れ門が特徴的な寺院だ。

駐車場に車を停めると、参拝に必須のサルン(腰布)を売ろうとわらわらと人が集まって来た。物売りが苦手なので、車に戻りたくなる。けれど、今回はガイドのワヤンと、ドライバーのワヤンまで車を降りてきて、物売りに対応してくれた。「サルンはあるから大丈夫」とでも言ってくれたのだろう、物売りの人はさーっと撤退してくれた。ほっとした。

続きを読む

バリ日記4日目(3/5)

工房巡りの次の目的地は、キンタマーニ高原へ。バリ好きの弟夫婦の一押しのキンタマーニ高原。ちょっと名前が気になるけど、「ものすごく良い気が流れている」らしいので、楽しみにしていたキンタマーニ高原。

続きを読む

バリ日記4日目(2/5)

バロンダンス観賞の次はウブドの工芸品展へ。

バリへは事前情報をほとんど入れずに行ったけれど、ウブドという場所はアートと工芸の村として昔から知っていた。

続きを読む

バリ日記4日目(1/5)

バリ日記の続き。2016年9月4日。バリ4日目、日曜日。ガイドブックもないし、バリの達人ぶっていた夫は、実は自分がほとんど観光名所を覚えていないことに気づき、前日ひそかにガイド付きツアーを頼んでくれていた。そういうの、大事。できないことは、誰かに頼めばいいんだよなあ。そして、自分で電話をかけてツアーを頼んでくれていたことにも、感激する。

続きを読む

【旅行】バリ旅行に持っていくもの

もう春休みの予定を立てているのか、最近「旅行の荷造り」系の記事を見てくれている人がいるようなので、バリ旅行に行くときの持ち物を書いておきます。今年もバリに行きたいなと思うので、次回にいくときの備忘録代り。

Read more…

バリ日記3日目(2/2)

Googleマップに頼り切って、バイクでウルワトゥ寺院に出かけることにした私たち。
オフラインでも使えるGoogleマップは頼もしいしありがたい。けれど、こういうときに限ってトラブルが起こるのは世の常なのだ。

もう、初っ端からダメダメだった。最初の曲がるべき道を真っ直ぐ進んでしまい、戻ればいいのに「このまま行っても別ルートがあるから大丈夫!」と、突き進んだのがまずかった。

続きを読む

バリ日記3日目(1/2)

バリ滞在3日目。予定を入れていなかったので、ぐうぐう寝て8時頃に起きる。この日は部屋ではなく、レストランで朝食をとることにしていた。「今日も部屋で良かったのに」という夫を引きずってレストランへ。

レストランといっても、BUMBU BALI同様オープンテラス。どこで食べても良いというので、中央付近の席に座る。他にお客さんも見えないので、貸切状態だ。ホテル内のお寺が見え、気持ちの良い風が吹いている。

続きを読む

バリ日記2日目(2/2)

プールで涼んだ後、私が楽しみにしていた場所に行くことにした。レンタルバイク屋との約束の時間までに帰ることにして、タクシーに乗って行く。行き先は、スーパー!

旅先でスーパーに行くのが大好きだ。何が高いのか、何がどのくらいの値段なのか、どんな品物が売れるのか、どんな商品があるのか、店員がどういう仕事ぶりなのか……見所はいっぱいある。

続きを読む

バリ日記2日目(1/2)

朝。7時に目が覚める。あまりに深く眠っていたため、一瞬どこにいるかわからない。が、天蓋付きのベッドを見て、「ああ、バリにいるんだ」とうれしくなる。

朝食は7時半に頼んでいた。ホテルの女性が部屋のダイニング・キッチンまで運んでくれる。朝食は、ヘルシー、コンチネンタル、バリ風の3種類から選ぶことになっている。夫は朝食にパンと紅茶しかとらないからコンチネンタルを選択し、私はバリ風の朝ごはんを選択。

続きを読む

バリ日記1日目(3/3)

少しずつ太陽が傾き、ぽっちゃりイタリアン幼児も両親に手を引かれながら部屋に戻っていった。私たちはまだまだ泳ぐ。だって興奮の1日目だもの!

ホテルの従業員らしいバリ人女性がプールに近づいてきて、葉っぱで作られたお皿をプール際のぎりぎり水がかからないところに置く。プール脇にある東屋の中の神棚らしきところにも置いている。近づいてみると、お皿の上にはプルメリアの花や緑色の細い草、お菓子が乗っている。来る途中、あちこちで見かけたものだ。

続きを読む