【訳しました】すべての親たちに送りたい。ひげを生やし、口紅を塗って生きる私からの手紙。

最近ね、男だとか女だとか、年とか人種とか、いろんなカテゴライズってもうどうでも良い気がしてる。

===以下本文===
世界中の子どもたちの親のみなさん。 ジェンダー非適合者として、私はたくさんの注目を集めます。外を歩くとき、私に向けられるのは好意的な目だけではありません。

笑われたことや言葉の暴力を浴びせられたこともあります。時には突然写真を撮られることも。時には「あなたの服装、大好きよ」と気取ったコメントを言われたり、「その口紅はどこで買ったの?」と叫ばれることまでありました。

一番気になるのは、正直な子どもたちの反応です。彼らからの視線に気付いたのは、22歳でニューヨークに引っ越したときでした。

続きを読む

About The Author

プロフィールはこちら