【訳しました】22のカラー写真が過去を奥行きある姿に映し出す

当時の人がぐんと身近に感じられた。

===以下本文===
2003年までアマチュア写真家のチャールズ・W・クシュマン氏はまったく無名の存在だった。1972年に彼が亡くなった後、クシュマン氏が生涯を通して撮影してきた数千点の写真は、妻のエリザベスさんによってインディアナ大学の母校に寄贈された。クシュマン氏の写真に対する情熱は、当時生まれたばかりの技術であるカラー写真での撮影に駆り立てた。その結果、一般的には白黒写真で撮影されていた時代に、クシュマン氏の写真は現実的な奥行きを与えることになった。
続きを読む

About The Author

プロフィールはこちら