I LOVE 温泉!

(English below)
日本に来て今年で20年目になる。日本で好きなものはたくさんあるが、特に好きなのが温泉だ。

小さい頃、私はシャワーが大好きだったが、私が育った環境ではシャワーは身体を洗うことを意味していた。清潔を保つのが目的である以上、素早く洗い、素早く出るのが正しい。だからいつも父から「早く出ろ」と急かされていた。私はそれが不満だった。……ということに、日本に来て気がついた。


温泉。それは日本の繊細な感性が現れる場所。ヒノキの香り漂う浴室に湯気がかかり、何もかもが淡く優しく見える。夏、美しい緑の木々を眺めながら入る温泉もいいし、冬、雪景色を眺めて入る温泉もいい。日々の雑事を何もかも忘れ、その瞬間に没頭し、湯を楽しみ、水を味わう。心まで洗われたような気持ちになる。

それだけではない。「風呂のなかでは皆平等」なのだ。この言葉は、初めて日本に来た時に滞在したホテルの大浴場に書いてあった。非常に感銘を受けた。社長も赤ちゃんもみんな裸。浴室には高価な衣服もブランド時計も、立派な肩書きのついた名刺も持ち込めない。裸で虚勢を張っていても仕方ない。

身体が湯の中でゆっくりとほぐれていくと、自然と「あぁ」とため息が漏れる。誰とも目を合わせなくても、向こうで温泉につかる疲れたおじいさんの恍惚が伝わってくる。誰ともしゃべらなくても、その場にいる人全員と、リラックスした気持ちを共有できる。私たちはたくさんいるが、一つの魂だと感じる。

温泉は、非常にユニークで美しい瞬間を得られる場所である。温泉につかれば、スティーブ・ジョブズが実践していたマインドフルネスも、マーティン・ルーサー・キングの「夢」も、アルフレッド・アドラーのいう共同体感覚も、取り立てて騒ぐ必要がないものになる。全部、温泉のなかに、あるからだ。

日本に来て、「これこそ、自分が長年求めていたものだ!」とわかった。私にとっては「No 温泉, NO LIFE」なのだ。

By フェル蔵 https://twitter.com/felzoGLOBA
http://www.globa-tennis.com/jp/

I LOVE Onsen!

It has been 20 years since I came to Japan. I like a lot of things in Japan, and one of them is Onsen, the Japanese hot spring bath.

When I was a child, I loved taking showers but in the environment where I was brought up, taking showers meant cleaning your body. Since the purpose was to keep the body clean, washing quickly, finishing quickly was the right way. So my father always rushed me. I didn’t like it, though I didn’t recognize it before I came to Japan.

The hot spring… That is the very place where you can feel the delicate sensitivity of Japan. With the smell of Hinoki, Japanese cypress tree, and the mist spread in the bathroom, everything seems to be so faintly gentle. It is very enjoyable to watch the beautiful nature while enjoying Onsen in summer, or the snowy landscape in winter. Every worldly concern disappears, I am devoted to the present, enjoy and feel the hot water. It is like my soul is also washed anew.

It is not only that. I was once touched by a poem written on the board of a hotel’s spa that “everyone is equal in the bath”. From a company president to a baby, everybody is naked. You can’t bring expensive clothes, brand watches, or beautifully titled business cards into the bath. There is no meaning to boast with a naked body.

Ah… When you dip your body inside that precious hot water, spontaneously the comfortable sigh comes up: “Aaahhh”. You can feel that the old, tired man dipping his body over the other corner of the bath is in rapture. You can share this relaxing feeling with everybody else inside the bath without having to say any words. I feel like we are many bodies but we are just one spirit.

In the Onsen, we can have a very unique, beautiful moment. If you take a dip inside any Onsen, you won’t need to work hard to find about “mindfulness” which Steve Jobs referred to, “the dream” of Martin Luther King, Jr., and “the social feeling” of Alfred Adler. Those things can be found in Onsen naturaly and effortlessly.

When I came to Japan, I found out that “This is what I had been looking for a long time!” For me, life is soulless without Onsen.

By Felzo https://twitter.com/globatennis
http://www.globa-tennis.com/

【編集注】
ブログに、別の著者の記事も載せることにしました。まあ、書いているのはフェリックス清香です。

About The Author

著者:フェル蔵 日本在住20年目。これまでに住んだ国は、フランス、マダガスカル、アメリカ、メキシコ、タイ、バリ、モルディブ、バハマ、日本。訪れたことのある国と地域は、マレーシア、ラオス、シンガポール、タイ、フィリピン、ニューカレドニア、モーリシャス、ハワイ、グアム、サイパン、スペイン、ドイツ、スイス。日本が人生で一番長く住んだ国になりました。