情報インプットと、それに使う時間をスリム化したい! 

年末から始めたことがある。寝室にスマホを持ち込まないこと。これがものすごくいい。まず、眠りの質が上がった。ぐっすり眠れる。それまでは、寝入る直前までスマホを見て、スマホのアラームで目覚め、すぐにスマホをいじり始めてぐだぐだ見るような生活をしていた。そういうスマホ漬けの生活が眠りの質を下げていたらしい。

それ以外にも変化があったから、2017年は寝室にスマホを持ち込まないことだけでなく、いろいろと試してみようと思う。


我が家では、ありません。

■寝室にスマホを持ち込まないことで起きたこと
眠りの質が上がっただけではない。二度寝が激減した。寝室にスマホを持ち込まず、居間に目覚まし用のアラームをセットしたスマホを置いているから、必ず起き上がってアラームを止めなければならないためだ。

起き上がって居間まで行ってからスマホのアラームを止める。そのままパジャマでいると寒いから、スマホでSNSやニュースを見る前に着替える。で、着替えたらカーテンを開けて、ついでに換気もしちゃう。さらにお茶なども入れちゃう。そうなると、スマホを見ようという時点で、はっきり目覚めている。その結果、スマホをいじる時間が減り、スマホでの情報インプットを意識的に行えるようになった。

■ネットでの調べ物は辞書での調べ物と違う
スマホをいじる時間が減って、集中してスマホを見るようになったら、さらに情報を得ることにかける時間を短くしたくなってきた。意識したのは、ネットの使い方。私はネットで何か調べ物をしたときに、ついでに別のものまで見てしまうからだ。

ネットで何かを調べた時についでに別のものを見てしまうときの、その「別のもの」は、私が知りたかった大切な情報とはまったく関係のない、PV目的のものが多い。辞書で言葉を調べた時に、ついでに別の言葉まで目に入ってくるのとは違う。ネットでご飯を食べている人がPVを稼ぐために真剣に考えて、人間心理まで援用して考えたタイトルに抗うのが、私には難しい。

■ルアー情報に使う時間が無駄なのだ
そうやって流れで見てしまう情報のことを私はなんとなく「ルアー情報」と呼んでいる。もちろん、そういうルアー情報にまったく価値がないとはいえない。芸能情報に疎い私が、その疎さをちょっと薄められたりもする。

ただ、知りたいことはもっとたくさんあるのだ。そういうことに時間を使いたい。もっと本も読みたいし。ルアー情報に時間を使っている場合じゃないのだ。

とすると、時間を区切って知りたいことを集中して調べるしかない。だけど、フリーランスで時間の自由がきき、かつ自制心が弱い私は、けっこうのびのびとネットサーフィンしてしまう。結果、それが仕事の時間を逼迫して、寝不足になる!

■ガラケーに戻すかも
自制心が弱いなら、別の方法で対策すべき。ということで、今考えているのはスマホをガラケーに戻すことと、通信制限のかかる環境をあえて整えること。

今、スマホはiPhoneを使っている。iPhoneは便利。カメラにもなるし、メモにもなるし、ボイスレコーダーにもなる。でももうちょっとiPhoneと距離を置いてもいいかな。2007年はiPhoneが誕生して10年目。そろそろiPhoneとの蜜月を終わりにして、もっと地に足ついた関係になってもいいと思うのだ。

ネットもね。私がネットを使い出したのは1996年くらい。もう20年以上経っている。そろそろネットとも自律的におつきあいしたい。

ということで、今月中に環境を整えるべく、いろいろとやってみようと思っている。うまくいかなければ、元に戻せばいいだけだしね。おわり。

▼関係ないけど、おもちゃのパンツをすぐに脱がせる志津絵。なぜ?▼

About The Author

プロフィールはこちら