東日本大震災時の「暮らしの手帖」スタンスをとろうと思う

熊本で大きな地震が起きた。
私は日頃Twitterが好きで、よく見ている。けれど、少しの間、見方を変えようと思う。強すぎるのだ。そこに溢れる、みんなの善意や、昂り、高すぎる関心が。

sky20160415

東日本大震災のとき、私は勤めていた会社を辞めたばかりで仕事をしておらず、時間があったから、テレビやネットばかり見ていた。時間があるからこそ、東北がどうなってしまうのかと不安で、何が起こるのかを予測しようと考えた。国際結婚ゆえに、海外メディアの発信する情報も見た。福島が渋谷にあるかのように錯覚させる報道まで見てしまった。

結果、くたびれ果ててしまった。
被災地から物理的にはかなり離れているのに、心を近くに置くつもりで被災地の無事と安全を祈って、そのうちに心だけは被災者気取りになってしまっていたのだろう。今考えたら、それは被災地の状況に心を騒がせているだけで、失礼なことだったのかもしれない。しかし、その時は真剣で、とにかく何を見ても涙が出るし、眠れないしご飯もおいしくないし、何もやる気が起こらないし、集中できないし、なんだかひどく疲れていた。

今回の熊本の地震は、最初は落ち着いて見ていたけれど、次第にTwitterのタイムラインが善意や昂りで溢れてくるにつれ、なんだか苦しくなってしまった。デマツイートを批判するツイート、RTを希望するツイート、震災以外のツイートに対する「不謹慎」という批判、過去の被災者の悲痛な叫びとアドバイス。

熊本地震だけではなく、世界では毎日いろいろなことが起こっている。現場が親戚や友達が住む場所等、縁のある場所なら心配になる。それに対して祈りの発信をしたり、役に立つ情報を流したりするのは尊く美しい。ありがたく受け止める人も多い。
一方で、目の前にいる人を大切にし、日常を健やかに送ろうとすること、日常を大切にすることも同じように尊く美しい。そういった発信に安らぐ人もいるだろう。

以前に、「暮しの手帖」編集長だった松浦弥太郎さんのお話を聞いたことがある。東日本大震災後、多くの雑誌が震災関連の特集を組むなかで、「暮らしの手帖」では、あえてその手の特集を組まなかったそうだ。それは、被災地で避難所生活を強いられている読者が、暮しの手帖を読むことで、安らぎを感じているとを知ったから、らしい。失われた、尊い「当たり前の日常」を、避難所で味わえる雑誌が「暮しの手帖」だったのだ。

ツイッターやブログ、Facebookページ等、個人が発信するものでも、発信した内容は他の人に影響を与えうる。
だから私は「暮しの手帖」を真似ていきたい。大きな出来事に対して、直接的に祈りの発信をしたり、情報を出したりするのを、今は控えようと思う。それは、私よりももっと上手な人、そういう情報を出すのが好きな人がやってくれる。

私は、そういった情報に当てられすぎないようにインプット先を調整しつつ、日常的な発信をしてきたい。もちろん大きな出来事はいつだって気にしている。無事を、安全を、平和を祈っている。だからその出来事の渦中にいる人たちを苦しめるような発信にならないように、極力配慮はする。それ以外はいつものまま。そして募金はする。

ということで、今日も引き続き、「私的児童文学100のリスト」のツイートをしますよ。

About The Author

プロフィールはこちら