1989年11歳の旅の「26年前と同日ツイート」

1989年は、昭和が平成になったり、天安門事件が起きたり、ベルリンの壁が崩壊したりと世界がいろいろと動いた年だった。その年に、私は父の仕事の関係でソ連をはじめ数カ国を旅した。11歳だった。下に9歳の妹、5歳の弟もいた。当時の母は今の私とほぼ同い年。よくぞ連れて行ってくれた、と思う。

先日、実家を片付けたら、当時の日記を見つけた。作文はわりと褒められていたはずなのに、日記はひらがなだらけで数行しか書いておらず、6月32日まであったりする。あほな子供の日記だ。でも、日記を読むといろいろと思い出す。

1989
ちょうど旅が始まる直前に見つけられたから、毎朝ちょっとずつ思い出してツイートしてみることにした。旅は4月6日から7月14日(日本到着が16日。日付変更線をまたぐ)まで。26年前の同日にやったらしきこと、そこから派生して思い出したこと、のちにわかったことなどを書いている。

残りはこちらから。→http://twilog.org/SayakaFelix/hashtags-1989%E5%B9%B411%E6%AD%B3%E3%81%AE%E6%97%85/allasc

いろいろなことを思い出しはするけれど、日記には詳細な記載がないので、思い出したことをどこに入れ込んだらいいのか迷うものもしばしば。今まででやったことのある構成の仕事のどれよりも、今回の構成は難しい。文章力をあげる訓練になりそう。

<関連記事>
子どもが見た西ベルリン&東ベルリン、そして壁崩壊後25年

About The Author

プロフィールはこちら