「アフリカの花屋」に取材がたくさんくる理由

先週、ケニアから高品質の薔薇を輸入することでケニアに雇用を作る「アフリカの花屋」の1周年を記念するプライベートパーティに参加させていただきました。お母様のとーってもおいしい手料理と、シャキシャキした妹さんのアシストもあって、とても楽しい会でした。

「アフリカの花屋」のお仕事はとてもステキだと思ったので、今までいろんな媒体で書かせてもらっています。記事はこちら→greenz.jpPouchMSN女ブログethica

私だけじゃなく、「アフリカの花屋」にはメディアからもたくさんのアプローチが来ています。その理由は、なんとなくわかっていたのだけれど、パーティに参加させてもらってはっきりしたので書いちゃいます。
P1100121
理由は大きく分けて3つ。

1つ目:お仕事の内容が一言でわかりやすく、かつステキ!

「ケニアの雇用を作る薔薇を売る花屋さん」って、これだけでどんなことをしていて、どんな特徴があって、どんなステキなところがあるのかがパッとわかりますよね! わかりやすさって、本当に大事。熱い想いで事業をやっていると、いろいろと伝えたくなるのはよくわかります。自分も新しい仕事を始める時はそうなっちゃうし。でも、人の記憶には2つくらいの要素しか残らないものだから、わかりやすくしないと伝わらないんですよね。

2つ目:お花に本当に価値があること!

私も買ったことがあるのですが、「色鮮やかで丈夫」というお花の売りが本当だとすぐにわかりました。冬場だったのもあり、2週間はしゃきっとしていました。大輪で普通なら10本必要なところを5本で足りてしまうくらいのボリュームだったし。取材して記事にしたものが実はそんなに高い品質じゃないとなると、情報の送り手の信用度が下がってしまうのですが、「アフリカの花屋」の薔薇は違うんです。
P1100101

3つ目:めぐみさんの、応援したくなるお人柄!

今回のパーティで本当に、つくづく思ったのがこのこと。めぐみさんって、とても応援したくなる人。いつもにこにこしているし、周りの人にあふれんばかりの感謝の気持ちを持っていて、本当に一生懸命やっていらっしゃる。

たぶん大変なこともたーっくさんあるだろうけれど、めぐみさんは本当にニコニコしていて気持ちが良い人なのです。記事の反響も教えてくれるのも、メディアの人にとっては「もっと書きたいな、取りあげたいな」って思う理由なんじゃないかな。少なくとも、私はそう。

参加した人がみな、そんなめぐみさんのことを大切に思っているのが伝わってくる、温かい会でした。
P1100100

これからも、ずっと応援していますー!!

■アフリカの花屋
クリスマス時期に、ケニアに幸せを届けるお花を、大切な人にプレゼントしてみませんか?
最新情報はFacebookページから:http://p.tl/oTql
ホームページ:http://africa-flower.com/

About The Author

プロフィールはこちら