【レシピ】ぬか漬けってすばらしいローフードなのだ!

最近、ローフードにはまっています。「酵素が、美容が……」と女子的心ではまっているのではなく、単に調理をするのが暑いから! またOxfam Japanのgrowメソッドという考え方を知り、エネルギーを使わないで料理を作ると、環境に大きなインパクトをもたらせると知ったからでもあります。

で、ローフードをいろいろと考える中で思いついたのがぬか漬け。野菜をぬか床に入れておくだけで、火も何も使わないのにおいしくなってしまう。魔法みたいだ。ぬか漬けって本当に偉大です!

summerlunch

私が特にはまっているのは、パプリカとセロリのぬか漬け。意外なんだけど、けっこうおいしいのです。このぬか漬けを使って作ったのが、写真のぬか漬けサラダご飯です! 超適当!

自分のメモのために書いておくと、レシピは以下の通りです。

【ぬか漬けサラダご飯の作り方】

<用意するもの(分量は、適当!)>
・パプリカのぬか漬け
・キュウリのぬか漬け
・セロリのぬか漬け
・トマト
・カブの葉等の葉モノ
・かいわれ
・ぶなしめじ
・豚コマ
・ごはん
・ワインビネガーまたはお酢
・オリーブオイル
・塩こしょう
・マヨネーズ

<作り方>
1.ぶなしめじを塩こしょうとオリーブオイルでいためる。
2.1のぶなしめじを取り出して、そのフライパンに豚コマを入れ、塩こしょうをして軽く焼く。
3.ぶなしめじと豚コマ以外のすべてのものを適当に切る。
4.3で切ったものとぶなしめじをバルサミコ酢とオリーブオイルと塩こしょうで和えて味付け
5.ご飯の上に豚コマと4を乗せてマヨネーズをかける。
(写真奥に見えるのは残り物のラタトィユなので割愛。)
以上!

火を使うのは、ぶなしめじと豚肉、ご飯のみ。フライパンを使い回すので洗い物も少なくてすみます。

思うに、日本中で夏の暑いときの食事に、多くの人がローフードを取り入れたら、かなりのエネルギー削減になりそう。火を使う時間を短くしたら、室内だって暑くなりにくいからエアコンの設定温度を下げなくてもすむしね。ぬか漬けのレシピをもっと増やしていきたいです!

<もっとGROWメソッドを知りたい方へ>

GROWメソッドとは、Oxfam Japanが地球環境や世界の壊れた食料システムを台所から見直すために行っている提案です。以下の5つのことを推奨しています。

●SAVE FOOD=残さない(世界の食料生産量の1/3が廃棄される現実を受けて、食べ物を残さない作り方、食べ方を推奨)
●SEASONAL=旬を大切にする(季節に合わない食べ物の生産には多くのエネルギーが使われていることを受けて、旬のものを食べることを推奨)
●LESS=肉を減らす(肉類の生産が野菜などの生産よりもはるかにエネルギーと水を使用することを受けて、週1回の菜食を推奨)
●SUPPORT=支援する(世界の飢餓人口の半分が小規模農家であることを受けて、フェアトレードや小規模農家からの購入を推奨)
●COOK SMART=賢く料理する(調理のちょっとした節約で地球環境に与えるインパクトが大きいことを説明し、毎日の調理で節水、節電、ガスの節約を推奨)

Oxfamのホームページにはお料理ユニット南風食堂さんが考えた、Growメソッドのレシピがいっぱい。ぜひ、皆さんも見てみてください!
Growメソッド:http://grow.oxfam.jp/grow_method/
Growメソッドに沿った南風食堂さんのレシピ:http://grow.oxfam.jp/grow_method/recipe/

About The Author

プロフィールはこちら