お正月

私的児童文学100のリスト

2016年の「CREA」2月号の少年少女文学特集がとてもおもしろかった。そこで、私も自分なりに児童文学100のリストをり、2016年の1月27日から5月5日まで、1日1作品をツイッターで紹介していた。

「CREA」は大人向けの雑誌だから、ノスタルジーを感じるような選書。けれど、私は大学院で児童文学を専攻していたし、仕事で児童書を選んでいたこともあるので、2005年くらいまでの刊行のものもちょっと読んでいる。なので、ここでは甥っ子たちや友達の子どもにおすすめしたい本を選んだつもり。それから大好きな作品が多すぎるので、1作家につき1作品のみの紹介にすることに。

ツイッターで100のリストが完結したのでまとめたかったのだけれど、ようやく終わりました。書影付き。書影をクリックすると、Amazonの詳細ページに飛べます。 Read more…

アーティストの鈴木康広さんについて

構成を担当した、アーティストの鈴木康広さんと、エシカルプランナー兼ギャルモデルの鎌田安里紗さんの対談記事が公開された。エシカル対談シリーズの10回目の記事。安里紗さんの引き出し方が上手で、人選がすばらしかったから、捨ての部分を作るのが申し訳なくて、毎回記事が長い。

大切なのは「自意識過剰」に気づいて、育てること【アーティスト鈴木康広】
http://qreators.jp/content/496

このシリーズの仕事は、私個人の興味と合致していたから、毎回音声を何度もなんども聞いて、細かく文字起こしをした。
Read more…

キングコング西野さんの「お金の奴隷解放宣言。」とギフト経済について

昨年からギフト経済ラボのメンバーになった。ギブ&テイクで経済を回すのではなく、ギブ&ギブ(恩送り、Pay it forward)で経済を回せるのではないかという発想がギフト経済だ。そのラボの活動の一部として、カルマキッチンというギブ&ギブで回すレストランのイベントをやっている。

先日、キングコング西野さんが自分の絵本をWEB上で無料公開したことについて書いた「お金の奴隷解放宣言。」というブログを読んだ。書いてあることはギフト経済ラボでやっていることと同じ! 1月23日(月)夜にやるトークイベントの関係者とも、「時代が着実に来ているねえ」と喜び合った。ただ、正直言えば、少しモヤモヤしたのも事実だ。

Read more…

バリで感じた「物と霊性」

バリ旅行の際、バリが登場する小説を読んで空気感を味わおうと思って、中島らも『水に似た感情』を読んだ。そのなかで、筆者はこういうことを書いている。主人公モンクと音楽家のソトさんが、対談のネタをあみだくじで決めることになるシーンだ。

「今度はソトがくじを引いた。
お題は『物質と霊性について』だった。
二人とも困り果てて、三分以上も黙り込んでしまった。」

なんとなく、黙り込んでしまったほうがクールというか、こういうことをガシガシ言語化するのって、野暮な気もする。中島らもさんだって、書こうと思ったら書けるはずだけれど、書かなかった。でも私は書きたい。
バリで「物質と霊性」について、よく考えた。 Read more…

【旅行】バリ旅行に持っていくもの

もう春休みの予定を立てているのか、最近「旅行の荷造り」系の記事を見てくれている人がいるようなので、バリ旅行に行くときの持ち物を書いておきます。今年もバリに行きたいなと思うので、次回にいくときの備忘録代り。

Read more…

センチメンタル・バリュー付きクリスマスツリー

先週の土曜日、クリスマスツリーをやっと片付けた。日本ではお正月仕様に変えるために、クリスマスツリーを長々と出しておく習慣はない。けれど、フランスでは6日まで飾るらしい。このところ数年、家族とともにクリスマスを過ごしていない夫の意向を汲んで、ちょっと長めに出しておいた。

このクリスマスツリーは実家から持ってきた、私が小さい頃から使ってきたものである。

Read more…

物がまとう「何か」の価値

ツイッターですてきな投稿を見た。伊勢丹の、宝飾品売り場かウェディングドレス売り場かで起こったできごとに関する投稿だ。

Read more…

私が感じる国際結婚・デメリット編

国際結婚のメリットに続いて、今回はデメリット編。とはいえ、メリットは捉えようによってはデメリットにもなるし、デメリットはメリットにもなると思います。では、さっそくデメリットを。

Read more…

私が感じる国際結婚・メリット編

このブログは「外国人 キス 終わり」「外国人に会おうと言われたら」などの検索で引っかかっているらしいことがわかりました。
なので、現時点で私が感じている国際結婚のメリットとデメリットを2回に分けて書いてみます。今日は前編で、メリットのみです。(メリットは捉えようによってはデメリットにもなるけど。)

と言っても、あくまでこれは我が家の話であって、当たり前だけど万人に共通することではないです。ブログの良さって、書き手が一般化された無個性な人ではないってところよね。

Read more…

新しい美容師さんの働き方かも? 二拠点ワーク!

今日は表茶道のヘアサロン・ジーナハーバーへ。清水伸也さんに髪に切ってもらってすっきり。うちの夫は私の髪型にうるさいのだけれど、清水さんにやってもらうといつも褒められる。ありがとう、清水さん。

年始だから清水さんと今年の目標を話していて、清水さんがおもしろい取り組みをしていると知った。美容師の二拠点ワークだ。こういう取り組みをしている人って少ないのではと思って根掘り葉掘り聞いてしまった。

Read more…